• SAEKO TAKENAKA 竹中 佐江子
  • HOME
  • SAEKO TAKENAKA 竹中 佐江子

SAEKO TAKENAKA 竹中 佐江子

作業療法士 子育てしてないけど、子どもの可能性に魅了された人

大阪府出身
神戸大学医学部保健学科卒業後、作業療法士として、18年間子どもの支援に携わる。

リハビリ病院にて脳性麻痺児への支援経験を経て、自宅や学校など生活の場で子どもに関わることの大切さを痛感。

現在、(株)東京リハビリテーションサービス 取締役として、訪問看護・リハビリ、児童発達支援、放課後等デイサービス、保育所等訪問支援など都内中心に制度事業を手掛ける。
今後は、制度だけでは支援が届かない子ども達に必要なサービスを届けていきたい。

作業療法士として、子どもの
「無限の可能性を応援する」
「いま持っている力を最大限に活かす」
「人生に寄り添う」
ことをモットーとする。

子ども分野に携わる療法士が少ない我が国おいて、より多くの療法士が子どもの支援に関わる仕組み作りを模索中。 
支援者にとっても、新たな「気づき」や「学び」に繋がる情報を発信していきます!

趣味は、大学時代から続けているヨット、ヨガ。

記事一覧