おうち遊び ~お散歩ビンゴ②~

さぁ!それぞれにビンゴカードを携えて、

お散歩ビンゴに出発です!!

今は感染を拡げないことも大切なので、
外に出るときのルールなんかも、ここで一緒におさらい

人出が少ない時間をねらって、マスクを装着して、15分だけねと時間を決めて。

ナビゲーターはこの人

最近ピンと指をさせるようになった
末っ子 1歳

忖度抜きのそのジャッジは公平公正でプレイヤーの全運命を左右します。

地理をわかって楽勝だと思っていた長男は悲鳴をあげつつ、
そのスリルが楽しそう。笑

赤ちゃん連れの方はぜひこの方法取り入れてみてください♪

「どっちに行きたい?」と選択してもらい指や手を指した方を
選んでもらえる・・・という経験が、
赤ちゃん自身のコミュニケーションの成功体験となり、
言葉を覚えるために必要な「もっと人に伝えたい!!」という思いを
湧きあがらせてくれます♪

赤子に言われるがまま、進んでいくと、

黄色いすべり台あったーー
ギザギザの葉っぱもあるんだね
葉っぱっていろんな形があるんだね
miiが描いた絵にそっくりだね!
妹「あ!ハートの形あったー」
兄「クローバーっていうんだよ」
赤「あーーた。きえー(きれい)」
母「いろんな色のお花があるねー
きれいだねーどれがすき?」
赤「こえ(これ)」
姉「ピンクのおはなーーー」
兄「蜂ってよく見たらかわいいね」

次から次にいろんな発見があり、次から次に繋がっていき、

自ら気づき、ともに教わり教えあう。

そして次の散歩がもっと楽しみになるに、次はもっとおもしろくなる♪

言葉だけでなく、自然の面白さや四季の移り変わり、
知っていると思い込んでいた町並みの中に新たな発見がある経験

刺激的で楽しい「わかりやすいもの」が奪われた今だからこそ
改めて気づけることがある。
たった数分のお散歩も
紙とペンを持ってくだけでそんな豊かな時間に変えられるのです♪

魔法みたいじゃないですか?

勝負の行方は・・・・

そこに子どもの魔法まで加わると、、、

!!!!

本当に「キノコ」だって見つけちゃうから面白い。。。

投稿者プロフィール

堀川 由樹子
堀川 由樹子
鹿児島県出身
広島県立保健福祉大学
保健福祉学部
コミュニケーション障害学科卒業
言語聴覚士国家資格取得
母親 9年生 (個性豊かな3兄妹と夫と暮らす)

関連記事一覧