• NAOKO (MOHARA) ITOU 伊藤(茂原)直子
  • HOME
  • NAOKO (MOHARA) ITOU 伊藤(茂原)直子

NAOKO (MOHARA) ITOU 伊藤(茂原)直子

作業療法士 
森ノ宮医療大学大学院  保健医療学研究科 保健医療学専攻
 教授

大阪市出身

1歳半の時にポリオに罹患し、左足が弱い.

高校時代、大阪市長居障がい者スポーツセンターから水泳で全国大会へ出場し金メダル獲得.そのような経験を多くの子どもたちに伝えたくて作業療法士を目指す.

国立療養所近畿中央病院付属リハビリテーション学院作業療法学科卒業.

34年間、近所の小児リハビリテーション病院で勤務.在職中はロフストランドクラッチでアメリカやヨーロッパに単身遠征.管理職となると同時に大阪市立大学商学部で経営学を学ぶ.

早期退職で「かなえるリハビリ訪問看護ステーション」に転職.

訪問作業療法による在宅支援に加え、保育所や学校への訪問支援を開始.

静岡の聖隷クリストファー大学大学院で作業科学や作業療法科学を修了.

現在は、森ノ宮医療大学で大学生の作業療法教育に携わる.

生まれ育った大阪で、子どもたちが成人し、親から自立していく過程で、声をかけられたらいつでも対応できる街の作業療法士でありたい.

趣味は、50代で結婚した夫とアジアを旅行し、美味しいものを食べること.

写真は、マンゴーの聖地玉井(台湾)で出会った至高のマンゴーパフェ.

記事一覧