子どもの見え方が変われば行動が変わる?

普段、外来にてリハビリをしていると、課題を遂行することが難しい原因の一つとして「目の問題」がある子どもが多いように感じています。

視線が合わない, 追視が上手くできない, 物の見方に癖がある

など、多様な現象がみられますが、このような子どもは日常生活においても、「感」で動作を行い、物事の遂行を行なっている子どもが多いと思います。

子どもは身体機能に合わせて、環境に適応する力があります。(もの凄く強いですよね。)
発達の過程で不自由な感覚を代償的に補っているものは何か?

眼鏡を使用していない子どもで裸眼視力0.7未満の者は幼稚園で6.1%、小学校で18.8%、中学校で40.1%、高等学校で45.8%と予想以上に多くの子どもが眼鏡を作るなどの対応をしなく、視力低下のまま放置されているようだ。

1mの距離で「視力0.2」が必要な文字は、5m離れると「視力1.0」が必要

ということは、先生が黒板の前で見ている視力0.2の文字は、教室の後列に座っている子どもにとっては視力1.0が必要な文字であることを意味します。更に、この場合は静止視力での評価ですが、普段の動作の中や他者との関りでは、動体視力の評価を同時に行なうことが重要です。

動体視力の検査はとても大掛かりな機材必要なようです。。。。

意識的に普段のリハビリでは、眼球運動や身体の反応を確認して、動体視力を確認するようにしています。

例えば、ボールを掴むという動作(キャッチボール)ではボールの大きさや投げる速さで、どの程度の眼球運動があるのかを評価することができます。さらには、身体の連動(目と手の協調)も確認することができます。

私が担当している子どもの中には眼鏡を作ることにより、落ち着いて先生の話をきくようになった子や、縄跳びなどの複雑な動作も少しづつですが、できるようになった(興味を示すようになった)子ども少なくありません。

なるべく早期に評価をすることで、目の問題を解決し子ども発達を促すことは、発達の需要な要素であると考えています。

眼の問題については、まずは眼科を紹介しますが、発達に問題のあるお子さんを積極的に診て下さる先生は非常に少ないです。

そんな中、2019年の福岡で行われた日本小児理学療法学会である視能訓練士の先生と知り合いになりました。視能訓練士の先生なのに日本理学療法士学会で眼の問題と子どもの行動や姿勢について発表されていたのです!!

小児地域リハ研究会などで勉強会をして頂き、親交を深めクリニックでは限定的に視能訓練外来も実施することができています。(大変申し訳ありませんが、当院を受診されている方のみのご案内になります。)

毎回、視能訓練外来では新しい気づきが沢山あります。眼の機能と体の機能の関係については、データを集めてどこかで発表したいと考えています。

「見え方が変われば行動が変わる」

今まで授業で集中できなかったのは、今まで人の話を聞けなかったのは、友達と上手く遊べなったのは

上手く世界が見えていなかったのかもしれません。これからも子ども見え方と体の関係について調べていきたいと思います。

投稿者プロフィール

中島 卓也
中島 卓也
医療法人社団雪嶺会 東京リハビリ整形外科クリニックおおた 事務長
クリニックでは小児リハ外来を積極的に実施。特別支援学校14校の学校診察を行なっている昭和大学リハビリテーション科の真野Drを中心に発達障害児のリハビリや肢体不自由児のリハビリを実施しています。
三輪書店の編集者としても活動中

関連記事一覧