からだを育む 親子の時間~手と脳の大切な関係~

前回の記事『からだを育む 親子の時間〜道具を上手に使うには?〜』では、道具を上手に使うには「まずは体づくりが大切!」であるとお伝えしました。

でも、そもそも、なぜ手や道具を使う必要があるの??

それは、「手や道具を使うのは、脳の働きと大きく関係している」からです。

大人になった私たちは、字を書くのは鉛筆ではなくPCやスマートフォンで入力、なんでもスイッチをポチッと押すだけで操作できてしまう時代になりました。

さらには最近、キャッシュレス化が進み、お金を支払うにも、小銭を出さず、ボタンを押す必要もなく、ただスマホをかざすだけ…気付いたら人差し指さえも使っていない!!!

大人はこんなに便利な機能を使っているのに、なぜ子どもは、鉛筆、お箸、はさみ、定規…練習しないといけないの??

今回は、子どもの発達になぜ道具操作が必要なのか考えてみたいと思います。

手は第二の脳である

これは何だと思いますか?

ペンフィールドの脳の中の小人といわれています。

妖怪?宇宙人?人のような、人でないような…?
なぜこんなに手が大きいのでしょうか?

実はこれは脳科学者のペンフィールドという人が考えた、『人間の体のそれぞれの部位に対応する脳の割合を示した人形』です。

脳には、運動を司る部位、記憶を司る部位、感覚を感じとって調整する部位などなど、それぞれ役割があります。

この人形を見ると、手・舌・唇が大きく、胴は細いですよね。
そして、手は足の何倍もある大きさですね。

ということは、脳の中では手を司る領域が非常に大きいということになります。

私たちの日々の生活は、脳のあらゆる部位を働かせることで成り立っています。
自分の意図を行為として実現するには手が必要です。

このことから、「手は第二の脳」と言われているのです。

手から学ぶことの大切さ

手には様々な役割があります。

例えば、お風呂のお湯の熱さを確かめるとき、湯船に手を入れます。
煮込み料理を作る時に、箸を使って柔らかさを確認することもあります。

遠くから相手に何かを知らせようとするとき、手を大きく振ります。
困った時、悲しい時、嬉しい時…手で気持ちを表現することもできます。

ほんの50年前までは、今のような高度な医療機器はなかったため、ほとんどのお医者さんが触診で病気を診断していました。

「オッケー!!」聞こえなくても伝わってるよ!

現在社会が、文化、文明にあふれているのは、人間が手を自由に、器用に使ってきたからです。

これだけの役割があるのですから、手を大切にしたいですね。

子どもの発達と手の関係

子どもが発達していく過程で、手を使うことには意味があります。

例えば、目と手を使う活動は、空間における距離感を学ぶことにつながります。
両手動作は、右手と左手、すなわち利き手と非利き手の役割が作られていきます。
道具操作には、課題を達成するための手段となります。
道具を操るには、単に持つ、つかむだけではなく手の形を常に変えていく必要があります。
そして、道具操作は、ことばの発達とも大きく関わっています。

どのくらい手を伸ばせば届くかな〜??

このように、手と道具を使うことは、育ち盛りの子どもの脳の発達にも大きく関わるのではないでしょうか。

OTは、このような手の機能や活動を支援することで、日常のより良い生活や学びに繋げていくお仕事です。

子どもPlus教室 オンラインワークショップでは、『OTの手と目あそびひろば』を開催しています。
ご興味ある方は、子どもPlus教室 公式LINEより、お問い合わせください。

投稿者プロフィール

竹中 佐江子
竹中 佐江子
作業療法士 子育てしてないけど、子どもの可能性に魅了された人
大阪府出身 神戸大学医学部保健学科卒業後、作業療法士として、18年間子どもの支援に携わる。(株)東京リハビリテーションサービス 取締役

関連記事一覧