おうち遊び ~イマジネーション爆発!自分でできる仕掛け絵~

コロナパニックに悩めるおとなに思いを馳せていたら、

なんだか頭を使いすぎて、パソコンと文字の見すぎで疲れていたところに

「色水やってみたよ~」とうれしいご連絡をいただきました!

あそぼう~それが何よりだ~と子どもたちに声を掛けたら

「見てみてー」と見せられたのがコレ☆☆☆

なんとも、シンプルなおうちの絵

「見ててよ――――?」ともったいぶる息子氏。

「じゃじゃーーーん!」

「すごーーーい!!」

おうちの中があるーーーー!

と子どものように興奮したのは私だけでしょうか。笑

というわけで今回は子どもが教えてくれた遊び☆

どこかで見かけて、仕事中、妹と一緒に作って遊んでくれていたそう。

ユーチューバー志望の息子氏にお願いして、制作過程を撮らせてもらいました。

息子氏ユーチューバー風に説明してくれます。

「まず紙を用意します」
「半分に折ります」
「えーと、自分らしいところでもう一回折ります」

・・・・え?どこって??? 笑

「ここら辺・・」「こんな感じなんだけど・・」

「説明するって難しいね」と息子氏。

人に伝える表現を考える良い機会になりますね!

「重なっているうちの一枚だけもう一度半分に折ります」とかかな?

「その状態にしたまま、おうちをかきます」
「広げて、間を線でつなぎます」
「色を塗ったり、中をかいたり・・」

家具を置いたり・・・かな。笑

自分の好きな「おうちのなかみ」を描いたら~


「完成でーーーす」

かわいいーーーーー!!この遊び!!

絵が苦手と思っている子でも、なんだか描いてみたくなっちゃう魅力があるね!

ほかにも

「口を閉じたカービーが」

「何か食べてるとかおもしろいなーとおもったんだよね!!」

と、顔描いて食べ物描いてみたり~

お城や縦書きにして二階建てのおうちにしてみたり~

息子氏に聞いたら

「箱を描いて、プレゼントが出てくるとかいいんじゃない?」

「!!!!!!すてきーーーーー!!」

残念ながらどこかになくなってしまったのですが・・・

一緒に遊んでいた妹さんが見せてくれたのは

みかんを開けたら跳びだす猫でした。

これかーーーーー!!!

皆さんも、子どもたちの自由な発想に驚かされて

たくさん笑わせてもらってみてください♪

投稿者プロフィール

堀川 由樹子
堀川 由樹子
鹿児島県出身
広島県立保健福祉大学
保健福祉学部
コミュニケーション障害学科卒業
言語聴覚士国家資格取得
母親 9年生 (個性豊かな3兄妹と夫と暮らす)

関連記事一覧