#Stay home ~暮らしのくふう~ 

自粛生活が続きますが、皆さまいかがお過ごしでしょう。

小学校、保育園もお休みになり、子どもたちが全員在宅のなか
子どもたちの安全管理に、遊び相手に兄弟げんかの仲裁に、、、次々襲い来るトラブルの数々
片づけても片付けても散らかるおもちゃに、絵本に、お菓子のゴミに、食べこぼし、、、
こっちを拭いている間にあっちで何かこぼしてる、、そんな無限ループ。

そして朝ごはん作って食べさせて片付けて、
あっという間に昼ご飯、また作って食べさせて片づけて、
夕飯のことを考える、、、こちらもまた無限ループ。

そんな家族の安全と平和を守りながら、リモートワークや家事をこなす全おとなの皆さん。。お疲れ様です。。

生活から切り離せないライフライン維持のため、
徹底した安全管理をしながら現場に出向き仕事を続ける全おとなの皆さん。。ありがとうございます。

そんな私たちや子供たちを気にかけて、手伝えることは?大丈夫ですか?困っていることはありませんか
と声をかけてくださる職場の皆さんや地域の皆さん、友達、学校保育園の先生方。。感謝しかありません。

顔を合わせられなかったり、物理的な距離をとらなければいけない今だからこそ
人と人のつながりやコミュニケーションのありがたさや
日常的に無意識のうちに、いろんな人に助けられていたこと、
普段から当たり前とは思ってもいなかったけれど、やはり、その尊さを改めて痛いほどに実感する日々ですね。

特に給食よ。尊い。給食さまーーー。 あと外食。 
待っていれば誰かがご飯を作ってくださるシステム。プライスレス‼‼‼‼

我が家には、賑やかしいポップでアクティブな小学生の息子と
賑やかしい我慢強いさみしがりの保育園年中さんの娘、
4月から保育園に入園するはずだった賑やかしい危なっかしい
なんでも構わず食べまくるコントロール不能な乳飲み子がおります。

夫は介護の現場に出向く出征兵士として
家族と高齢者の皆さんの心と身体の健康とを支えようと頑張ってくれています。
日中、子の生活を守るのは私のミッション。

しかし、私も仕事がしたい。
こんなときだからこそ、困っているひとの役に立ちたい!なんて思ってしまう性分で。

そんな両親が仕事をしている時間は
子どもたちはそれぞれ一人で遊んでくれていたり、
上の二人が交代で赤子の相手をしてくれたり、、

年齢もバラバラで、遊びの好みもバラバラ、
見たい番組も、やりたいことも、お腹が空くタイミングもバラバラなので、
唯一の「おとな」なお母ちゃんの前には、無限の「ご意見」「ご要望」の渋滞が‼‼‼‼‼‼

おとなたちの「やりたい」のために
子どもたちが我慢してくれていたり助けてくれたりしていることも
本当にたくさんあるなと、これまた改めて実感する日々です。

「自分ひとりで」「ねばならない!」にそれぞれが追われる日々ではありますが、
狭い空間に籠って、ともに助け合って生活しているいまだからこそ

出来るだけイライラせず、ゆとりを持って接したい、、、

そんな風に思います。

そんな私がワンオペ育児&リモートワークになって

まず始めたこと

「お昼ごはん弁当LIFE!!」

眩しく輝く 昼休憩の のんあるドライ

「明日、お弁当。」と言われると、「えーーーー。」とげんなりする そんな平時でしたが、
子どもたちの突然の空腹に前もって備えられる「お弁当生活」の便利さに認識を新たにしました。涙

晴れた日はベランダに椅子を出したり、庭にレジャーシートを敷いて
ピクニック気分で昼休みを取れたりして、、、

常に動き続けなくてよくなると、少しだけ気持ちにゆとりが持てたりしますね。

そんな暮らしの中の「しんどさ」を少しでも楽にクリアーする工夫も随時配信していきます♪

子どもたちにどんな仕事しているの
って知ってもらえる時間だったりも
するのかな。
テレワークの隣で眠る熊。笑

投稿者プロフィール

堀川 由樹子
堀川 由樹子
鹿児島県出身
広島県立保健福祉大学
保健福祉学部
コミュニケーション障害学科卒業
言語聴覚士国家資格取得
母親 9年生 (個性豊かな3兄妹と夫と暮らす)

関連記事一覧