• HOME
  • ブログ
  • コラム
  • いつか社会で自立していく日のために ~ 就職を支援する福祉サービスのご紹介~

いつか社会で自立していく日のために ~ 就職を支援する福祉サービスのご紹介~

子どもの将来が不安・・・ ちゃんと仕事に就くことができるだろうか?
と思われている親御さんは少なくないと思います。

そこで今日は、社会で働くことを支える福祉施設の一つ、「就労移行支援事業所」をご紹介します。

就労移行支援事業所とは?

障害のある方が、就労の為の訓練を行う通所施設です。

国の支援制度である、障害者総合支援法という法律に基づく施設です。

パソコンスキルや、ビジネスマナーなどの就労能力の訓練から、履歴書作成、面接練習などの就職活動支援、就職してからの定着支援までを受けることができます。

対象となるのは以下の3つの要件を満たす方です。

①18歳から64歳

②身体障害、知的障害、精神障害、難病のある方

③一般企業への就労を希望する方

※精神障害、難病の方は障害者手帳を持っていなくても、医師の診断書または意見書があればOKです。

どんな事業所があるの?どうやって選ぶの?

就労移行支援は現在全国に約3,400か所以上あり、発達障害のケアに力を入れている事業所、ITスキルに特化した事業所、医療連携を重視している事業所など特徴は様々です。

お住いの市区町村以外の事業所も利用できるので、自分の特性に合った事業所を選ぶことができます。

お子様の場合、高校や特別支援学校の卒業時に、学校や市区町村の障害福祉課から情報を得て利用する場合が多いです。
就労経験のない方は利用費もかかりません。

以下のwebサイトでも事業所検索が可能ですので、興味のある方はぜひ一度ご覧ください。

独立行政法人福祉医療機構 障害福祉サービス等情報検索

https://www.wam.go.jp/sfkohyoout/COP000100E0000.do

関連記事一覧